お尻のニキビ跡による色素沈着や凸凹にもビタミンCが効くって本当なの?

お尻のニキビ跡による色素沈着や凸凹にもビタミンCが効くって本当なの?
MENU

お尻のニキビ跡による色素沈着や凸凹にもビタミンCが効くって本当なの?


普段は見られないけれどいざという時に大事なのがお尻です。
ビキニを着た時に汚らしい感じでは残念ですし、彼氏と仲良くするときにお尻がぶつぶつでは彼氏もがっくりでしょう。お尻で意外と気になるのがニキビ跡ではないでしょうか?
普段は下着に覆われていて通気性が良くないうえ、椅子に座ったりすることでこの部分の肌はいつも刺激を受けています。
この負担が大きくなるとできるのがニキビです。
この部分は、椅子に座るので痛いですし、服に覆われていて完治までに時間がかかるといわれています。
紫外線に当たらないのはいいですが、それでは治りが遅いのでニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまうことも多いといいます。

お尻ニキビに有効な成分とは?


そんなお尻のニキビ跡にある有名な成分が効果があるというのです。
それが風邪をひきにくくしたり、美白効果や肌に弾力をもたらす効果でよく知られている成分です。
それがビタミンCです。美容に関心が高い方だけでなく、健康フリークの方でも積極的に摂っている成分ではないでしょうか。そんなビタミンCがニキビ跡に効くにはわけがあります。

色素沈着を改善する効果

茶色になったニキビの跡は色素沈着(お尻の黒ずみを消すことは出来る?)ですから、ビタミンCによって改善できる可能性が高いです。
さらに肌に弾力をもたらすコラーゲンの生成を活性化する作用もあります。
クレーター状の跡もコラーゲンの生成が活性化することで、徐々に平らになるかもしれません。
さらにビタミンCには肌質自体を改善する効果もあるのです。
老化現象の原因が増えすぎた活性酸素です。本来は細胞を外的から守る役目の活性酸素が増えすぎることで細胞自身を傷つけることになるのです。
高い抗酸化作用によってこれを無害化してくれることから、ニキビができやすい肌質の改善につながるだけでなく、若々しい肌にも近づく可能性が高いのです。

摂取方法は食事。サプリで摂るのもおすすめ

お尻のニキビ跡を改善するには、もちろん食事から積極的に成分を摂ってもいいですし、それが難しいならサプリを利用するのもいいでしょう。
もちろん肌に直接塗るタイプのものも効果あります。

 

塗るタイプのビタミンCの注意点


ただ、注意したいのがレモンなどを直接塗らないことです。
ビタミンCはそのままでは酸化しやすいので、そのまま使うと逆に跡を悪化させる可能性があるからです。
安定型の成分が入った化粧品を使うといいでしょう。
それと大事なのが保湿です。健やかな肌に保湿は絶対必要です。
油分が心配であるなら、オイルフリーの保湿剤などもありますので、そういったものを利用してうるおいを与えましょう。

このページの先頭へ